2016/01/19

茨城県民なら茨城の特産品・名産品をお歳暮に贈りたい!

早いもので今年もあと2ヶ月を切りました!
年末に向けて、やらなければならない事が目白押し。
その1つがお歳暮。もうお歳暮はやめた〜、なんて言う方も多いかもしれませんが、私は1年の感謝の気持ちをこめて両親や取引先に贈ろうと思っています。

今年は、せっかく茨城に住んでるんだから、県の特産品で贈るつもり。
案外いろいろあって悩んじゃいますー。


スポンサードリンク


黒澤醤油店のお醤油・お醤油プリン

なかなか自分では買わないものをいただけると嬉しいもの。
お醤油なんてスーパーで安いものを選んで買ってしまうものですが、こういう日常使うもので「チョットいいもの」を贈り物で頂いたら嬉しく無いですか。

だって、スーパーのお醤油とは明らかに味が違う。私だってわかります。
素材の味を消して欲しくないものを美味しくお醤油で食べたい、例えば…お刺身とか、新鮮な野菜を焼いただけのとか、ね。際立って美味しい。
頂き物や、自分でお取り寄せしたお醤油を使っていますが、やっぱり違うもの。

こちらのお醤油は未経験だけど、せっかくなら県内、しかも近くで作られている物を使ってみたいなあと探してみたら、こんなに近くに歴史あるお醤油店がありました。
存じ上げなくて失礼いたしました!
明治38年創業。
伝統あるお醤油はもちろんのこと、お料理に便利なポン酢醤油や、焼き肉のたれ、お醤油を使ったプリンなどのスイーツなどもあって、目移りします!
プリンはいばらきデザインセレクション2011≪知事選定≫を受賞したそうで、かなり気になります!!

kurosawa_soft

「しょうゆ屋さんの和風唐揚げ」や「しょうゆソフトクリーム」は、海浜公園で頂けました!
ソフトクリーム、なんとも言えないお醤油の風味が美味しかった!

ひたちなか市で作っているお醤油:黒澤醤油店

kurosawa

黒澤醤油店
〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡1260

現在は、まだ電話とFaxの注文受付だけのようですが、オンラインショップ準備中とか。早く気軽に注文出来るようになるといいですね。
お歳暮に間に合うかなあ〜。

吉田屋さんの梅干し

当ブログでもお馴染み、大好きな梅カフェWAONさんの吉田屋さんです。
吉田屋は、天保元年(1830年)創業という、歴史あるお漬物一筋のお店です。

いろんな種類があり過ぎて迷ってしまう梅干しですが、私は甘めの「はちみつ梅」が好きです。「スイート梅」はまさにスイーツ感覚の梅干し。あま〜くて美味しいのです。
ガッツリ梅干しらしい酸っぱさを求めるなら「八代目」がおすすめです。
yoshidaya

茨城県ならではのもの、というと、茨城産の梅を100%使用して作ったという常陸乃梅シロップ「Pure Sweet」がいいですね。
茨城県産の梅、常陸乃梅を、砂糖のみで漬け込んだ、無添加無着色(保存料、甘味料、着色料、香料等無添加)の梅シロップです。
こちらを使った梅ジュースはカフェでも何度も頂いていますが、我が家で作る梅シロップとはひと味もふた味も違うのです。
料理に使ったりも出来るし、おうちでも健康的なジュースとして美味しく頂けること請け合いです。

吉田屋さんの情報

waon

吉田屋
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町546

イベントでもよくお見かけする吉田屋さん。
カフェに美味しいものを頂きつつ実店舗へ行くか、オンラインショップでもお買い物が出来ます。

茨城の珈琲と言ったらサザコーヒー

茨城のコーヒーと言えば、サザ。
私の周りでもコーヒーはサザで買っていると言う人も多いです。
コーヒーが好きでこだわりがある方への贈り物なら、是非サザコーヒーはいかがでしょうか。

サザコーヒーのWebサイトを読んでいたら、なんとサザさん、私と同い年でした!笑
創業1969年!46年コーヒー一筋。私が産まれた年から、美味しいコーヒーにこだわって、産地に足を運んで美味しいコーヒーを提供し続けたんですね。

茨城県ということで選ぶとしたら、やっぱり将軍珈琲でしょうか。
気になる将軍カステラとのセットが魅力的。

【徳川将軍珈琲の魅力】
日本最後の徳川将軍慶喜は1867年に国家の威信をかけて仏人の料理人を雇い、欧米の公使をもてなしました。
当時の珈琲を再現したボディとマイルドな味わいを、インドネシアの北スマトラの最高級マンデリンを使用して深煎り(フレンチロースト)にしました。ミルクとも相性のよい徳川将軍珈琲を是非お楽しみください。

他にもコーヒー好きの皆さんを唸らせるラインナップ。
選ぶ楽しみもありますね。

サザコーヒーさんの情報

saza

サザコーヒー
本店:茨城県ひたちなか市共栄町8-18

オンラインショップはこちらです。

茨城が誇る地ビール木内酒造ネストビールと、木内梅酒

木内酒造さんを知ったのは、水戸に引っ越してきてすぐのこと、美味しい梅酒が無いかなあと探した時に見つけた「木内梅酒」でした。あまりお酒が飲めない私でも、唯一美味しいと思えるのが梅酒。
ずらりと並んだ梅酒コーナーでひときわセンス良かったラベルが木内梅酒。そう最初はジャケ買いならぬ、瓶買い?(笑)
そして、期待を裏切らない美味しさに感動したものです。

更に、ネストビールが木内酒造さんのものだとは知らず、まあよく楽天やAmazon、その他のショップでお見かけする美味しそうなビールがあるなあと。我が家では飲む人がいないので、お正月にだけ登場しますが、こちらも瓶のラベル含めセンスが良く、そしてもちろん美味しい。
酒好きじゃないので、味の表現はうまく出来ず申し訳ありませんが…梅酒もビールも、受賞歴のある、茨城を誇るお酒なのです。

木内酒造さんの情報

nestbeer

木内酒造
オンラインショップもありますが、他店舗、楽天ショップ等でも取扱店は多いです。

大洗まいわい市場

茨城のいいもの、美味しいものを探していたら見つけた「大洗まいわい市場」。
いろんな美味しいものが揃っているので、ここで探しながら茨城を知るというのも楽しいです。

「まいわい」とは万祝又は間祝いと書き、大漁祝の引き出物として配られた反物の事。縁起の良い絵柄で染められ、仲間が揃いで着用し、海の恵み、自然への感謝を表現したのです。

”大洗の恵み”を伝えるのが「大洗まいわい市場」。
大洗だけでなく、周辺地域の美味しいものが揃った大洗まいわい市場。
私がこのなかから見つけた、美味しそうなものをご紹介します!

紅はるか 丸干し芋、平干し芋 各2個セット
茨城と言えば、の干し芋!
我が家でも、箱買いして一気に食べてしまう干し芋です。干すと甘みが増して本当に美味しい!
特にこの丸干しってのがね、食べ応えがあって美味しいのですよね。

星フルーツ3瓶セット
こちらを拝見するのは初ですが、なんとも可愛らしいネーミングとパッケージ。
茨城の美味しい野菜とフルーツを乾燥させて、旨味と甘みをぎゅっと凝縮させたものです。そのまま頂いても美味しそうだしヨーグルトやお料理にも使えそうです。
オシャレなお歳暮にいいですよね!

※画像はまいわい市場さんにお借りいたしました。

大洗まいわい市場さんの情報

maiwai

大洗まいわい市場
店舗は大洗リゾートアウトレット内1Fにあります。

「厳選いばらき100story」を利用して、茨城の特産品を贈る

相手の好みがわからないから、何を贈っていいかわからない!という方は「厳選いばらき100story」を贈ってはいかがでしょう。

取り扱い店が少ないからか、あまり見かけなかったんですが、取扱店舗が増えて購入しやすくなりましたね。更にFaxでの注文も受け付けるようになったとか!

「厳選いばらき100story」は、茨城県が発行するカタログギフト。
国の地方創生交付金(地域住民生活等緊急支援のための交付金)を活用し、厳選したプレミアム商品(送料等込で6,000円相当)を掲載し、4,000円(税込)で割引販売しております。

4,000円で冊子を購入し、6,000円相当の商品を選べるという、茨城のカタログショッピングなんです。
6,000円相当の商品が4,000円で買えるというのがポイント。
お世話になった方へ4,000円で豪華な品物を送れるというのはお得ですよね。

  • 日本一のいばらきメロン
  • 最高級の常陸牛
  • 素材にこだわり抜いたハム
  • 職人が技術の粋を凝らしたお菓子
  • 匠の技が光る伝統工芸品・笠間焼など

茨城県産のこだわりの逸品を、なんと110商品も掲載しているそうです。

「厳選いばらき100story」の情報

premium

厳選いばらき100story
まずはWebサイトで商品達をご覧ください。
茨城ってこんなに美味しいもの、素敵なものに溢れてるのね、と感動しますよ!

カタログの購入は、こちらのオンラインショップか、もしくは県内の各種店舗になります。

このカタログの申込期限は、2016年2月29日(月)(当日消印有効)
買ったはいいけど、使いそびれた!なんてことが無いように。もし贈り物に使うのなら一言添えたいですね。