2016/01/22

着れなくなった服でウエス

ウエスとかかっこ良く書いてみましたが、うちでは「ボロ切れ」と呼んでおります。
着古した洋服をザクザク小さく切っておいて、お掃除などで使っています。


スポンサードリンク


こんなの当たり前よ、記事にするほどじゃないわよ!とベテラン主婦の方には怒られそうですが。。(汗)

今日は私のボロボロになったTシャツと、娘のスパッツをジョキジョキしました。
娘の洋服は、着れなくなったらお下がりで友人にあげたり、ヤフオクや古着屋で売る、のどちらかですが、下着や穴があくほど履いたスパッツとか(笑)は、さすがに友人にもあげられないので、ボロ切れにしちゃいます。

こんな感じでザクザク切ります

娘のスパッツ。今年買ったものですが、毛玉がたくさん、穴も空いてしまった。。
来年は多分もう履けないし、こんなに毛玉だらけの穴が空いたスパッツ誰にもあげられない。。。
というわけでジョキジョキ・・・

ボロ切れ2

ボロ切れ3

ボロ切れ4

今日は娘のスパッツを2枚と、私のTシャツをジョキジョキ。

ボロ切れの使い道ですが、

キッチンで

  • 食洗機に入れる前に汚れを拭く
  • ガスレンジまわりの油汚れ拭く

お風呂・トイレ・洗面所で

  • 髪の毛などのゴミを取る
  • 洗濯機まわりの掃除に
  • 掃除後、最後の仕上げ拭き
  • トイレ細かい部品の掃除

こうして書いてみると色々使ってるんだなあ。
ボロ切れは、汚い所を掃除した後に、そのままポイッと捨てられるのが良いところ。
分厚い生地のものはカレーの後お鍋やお皿を拭くのに良いし、薄い生地のものは細かい場所の掃除に良いです。例えばトイレの細かい場所とか。と場所によって使い分けます。

着れなくなった服も、そのままポイはもったいない。最後までキッチリ使ってあげましょう♪