大子グリーンヴィラでキャンプ&フォレスパ大子(久慈郡大子町)

親がキャンプ好きだったことから子どもの頃から家族キャンプによく出かけていた私。
実家にはキャンプ道具一式アリ!

大人になり、キャンプ熱が復活。
キャンプに興味がなかった夫の方がキャンプ好きになってしまったことから、やはりうちにも、キャンプ道具一式そろっていまして、ここ数年は年に一回はキャンプに行ってます。

今回は、夏休みに行ってきた人気のキャンプ場、大子広域オートキャンプ場グリーンヴィラの予約方法などご紹介しま〜す!


スポンサードリンク


大子広域オートキャンプ場グリーンヴィラの予約方法!

センターハウス ロビー

グリーンヴィラ大子 センターハウス内

大子広域オートキャンプ場グリーンヴィラは、キャンプ雑誌でも常に上位にランクインされているほどの人気のキャンプ場。

グリーンヴィラの掲示板にもランキングが

夏休み中は、早めに予約しないとすぐにいっぱいになってしまいます!
今年は早めに予約しました〜。

予約は、電話とインターネットと両方あります。
電話予約は3か月前の1日から、ネットは2か月前からなので、電話予約の方が優先されます。
我が家も、電話で予約をしました。

公式Webサイトに、予約・空き情報のページがあるので、チェックしてみると、いいかと思います。

予約すると、予約の確認ハガキが、自宅に届きます。
「楽しいキャンプになりますように・・・」のメッセージもなんだかいいですよねぇ。

予約確認はがき

 

実は、キャンプの予約日がちょうど台風の影響で天気の悪い予報になってしまい、キャンセルするかどうかも迷いました。

通常3日前からキャンセル料が発生するのですが、台風の影響ということで、当日10時までという対応に変わっていました。この辺りは、天気予報とにらめっこ。

 

夏休みとはいえ平日の1泊だったのでフリーサイトで予約しました。
フリーサイトとはエリア内の好きな場所に自由にテントやタープを張れるので、テントの位置を自分たちで決められるのが特徴です。

個別サイトは個々にテントを張る場所が決められて仕切られているので、場所が確保されている点が安心です。

トイレや水道に近い方にしよう。とか、周りのお客様からすこし離れたところにしようとか。

フリーサイトは、平らな芝生のサイトなので、テント内もゴツゴツしたりせず快適。
キャンプサイト以外には、キャビンやトレーラーサイトもありますので、お好みに応じて選んでみるといいかも〜。

キャンプ場にチェックイン。テントを建てる場所を決めよう

グリーンヴィラのキャンプ場はセンターハウスもサテライトハウス(炊事場&トイレ)も、とても清潔でキレイなのが特徴です。

サテライトハウス炊事場

キャンプ場のセンターハウスで受付をし、チェックインします。

サイトの配置や注意事項、ごみの分別などの説明を聞きました。その際に、入口のゲート用のカードが渡されます。

車用にゲートがあり、キャンプ場のお客様の車以外は入れません。

グリーンヴィラ入口 入場ゲート

ゲートは行き来できるので、買い物に出かけたり、となりにある温泉プール施設フォレスパ大子を利用して遊んできて帰ってくるのもいいです。

我が家も、先にチェックインして、テントを立ててから、フォレスパ大子のプールに行ってきました。

テントを建てる

まずはテントの設営から!

テント&タープ設営完了

設営完了!

フォレスパ大子の温泉&プール施設

広域公園内にあるフォレスパ大子は、キャンプ場からも、車ですぐのところにあります。

屋内プールと屋外プールがあります。
うちの子どもたちが大好きなのが、屋外プールの波のでるプール。浮き輪でぷかぷかするのが楽しいそう。

息子は海がこわいからキライらしいんですけど、この波のプールなら平気みたい(笑)。

フォレスパ大子 波のプール

フォレスパ大子 プール

屋外スライダー

残念ながら、屋外プールは7、8月のみの営業なので、これからの季節は、屋内プールのみになります。

屋内プールにも、スライダーがあったり、温泉施設にもなっていることから、ぶくぶく気泡がでるお風呂や、サウナなどもあり、たくさん楽しめます。(プールと同じ敷地内なので水着着用の温泉)

屋内温泉プール

屋内スライダー

屋内スライダーもあります

プール配置図

実は、キャンプは決行したものの、天気が悪くて雲行きが悪い写真ばっかり。。。もちろんプールも雨模様。
屋外プールも、雨が強くなってきたので、途中からクローズに。でも後半は屋内プールだけで遊んでました。

キャンプ場利用ルールなど。施設の案内

キャンプは、天気も悪くキャンセルか迷ったくらいなので、食事の用意は事前準備をあまりせず最低限で。
カレーとBBQ、最後にBBQでマシュマロを焼くっていう、あまりにもベタなメニュー。
ちょうど、雨が強くて、ちょっと雷もなってたので、写真は撮ってないです。

キャンプ場の夜

BBQでマシュマロ焼き

こちらは去年のグリーンヴィラでのキャンプ画像。マシュマロ焼き

人気のキャンプ場、衛生面もよく、施設もキレイ。

やはり、それだけに、少し制約もあります。

花火や音の出るもの、ペットは禁止。
21時から6時までは静粛時間となってるので、静かに過ごすこと。
直火も禁止されているので、たき火台などを使いたいときはセンターハウスにある木の板、なべしきを下にしいて使うようになってます。

でも、こういうマナーがあってこそ、お互い気持ちよく過ごせるのかなと、思います。

お風呂は、センターハウス内に「ふれあいの湯」という温泉施設があります。
16時~21時まで。(大人500円、子ども300円)

ふれあいの湯

朝は、焼き立てパンの販売が!

朝は、センターハウスにパン屋さんが焼き立てパンを運んできてくれ販売しています。

大子のパン工房 サンローラン さんが、パンの販売をしているそうです。

みんなパンを楽しみにしているので、販売時間の7時前には、もう列ができていました。

8月は夏休みなので、毎日パンの販売が実施されていたみたいですが、これからは日曜や祝日のみの対応になるそうです。

パンの販売があるかどうかは、グリーンヴィラのWebサイトで確認してチェックしておくといいと思います。

パン 販売準備中

パン販売

パン サンローラン

パン サンローラン

サンドイッチ系や、カレーパン、チーズパン、ピザトーストなどの惣菜パンもあるし、クリームパンやあんぱん、ピーナツコッペなど、甘い系のパンもどちらもそろってます。

そんなわけで、ウチも、朝食は、焼き立てパンと、コーヒーで。

キャンプ道具を忘れたら?レンタル用品も完備

去年のキャンプの事、少し涼しい時期になってから行ったため、持参していたシュラフ(寝袋)だけでは足りず、レンタル品の毛布を急遽利用しました。

持ち物を何度も確認していても、忘れたり、足りなかったりすることってありますよね。

そんなときに利用できるのが、レンタル品
いろいろ揃っているので、うっかり忘れ物しても大丈夫です。
センターハウスにある売店で購入できるものもあります。

キャンプ道具をまだ持っていないけど、キャンプやってみたいなーっていう方のための「手ぶらキャンプセット」なんていうのもありますね。

次の日、センターハウス前にキャンプセットらしき用意がされていました。

レンタルキャンプセット一式

グリーンヴィラ ファミリーキャビンとBBQサイト

大子広域オートキャンプ場グリーンヴィラ/フォレスパ大子の情報

これから秋はキャンプシーズン。
少し涼しくなって日中もすごしやすくなってくるかと思いますので、家族で、お友達同士で、キャンプを楽しんでみてください~!

細かい情報やキャンプ場の様子は、スタッフさんのブログが、随時更新されているので、わかりやすいです。是非チェックしてみてくださいね!

大子広域公園オートキャンプ場 グリーンヴィラ
グリーンヴィラ スタッフBLOG
フォレスパ大子

住所:〒319-3552茨城県久慈郡大子町矢田15-1
TEL:0295-79-0031

 

 

著者:ひと

生まれも育ちもずーっと茨城。水戸市住み。 2006年生まれの10歳の娘と2009年生まれの7歳息子の母です。 623さんとは、水戸を中心に活動するファミリーブラスバンドが縁でお友達になりました。ちなみに楽器は打楽器担当。 好きなこと 音楽。LIVE。漫画。読書。DIY。編み物。 カメラ:EOS KISS X5   iPhone6Plus よろしくお願いします

Twitterフォロー