袋田の滝の神秘的な氷瀑!からの道の駅ひたちおおたドライブ

1月の中旬。日本三大名瀑の一つ、袋田の滝に行ってきました。

袋田の滝は、四季折々の景色が楽しめることでも有名。
今回は凍った滝を見に行ってきましたー。
2010年頃に行った記憶があるので、7年ぶりくらい?かなり久しぶり。

今年の冬は、ずっと暖かい気候が続いていたような感じですが、1月も中旬になり、雪がちらつくような寒い日もでてきました。

さて、滝の様子はどうでしょう??

無料の町営駐車場へ車を止めて、徒歩20分くらいかな

hukuroda1

町営駐車場から滝の入場口までは歩きます。距離にして1km。
ちゃんとは計っていませんでしたが、大人の足でだいたい15~20分くらい歩いた気がします。

空気も冷たくて寒かったけど、お散歩にはちょうどいい感じの距離でしたね。
他にも有料の駐車場などもありますが、今回は平日だったので、無料駐車所も空いていて、駐車することができました。

hukuroda3

 

滝の入館口で入場料を支払って、いよいよ中へ

hukuroda4

hukuroda5

こちらが、滝の入館口。
料金は大人300円 子ども150円。

トンネルの中へ入りますー。
hukuroda6

hukuroda7入ってすぐのトンネルのライトが、不思議な色のウネウネになっていて、こんなのあった?と思っていたら、どうやら、秋に開催されていた「茨城県北芸術祭」の作品展示の一つだったみたいです。

開催は9月17日から11月20日だったようですが、まだ作品はそのままなのかな?このままずっと展示されるのかしら。トンネルのイルミネーションともちょっと違う、不思議なライトの光。

 

県北芸術展は11月で終了しているそうです。袋田の滝の、このアート作品も載ってました。
茨城県北芸術展 2016

恋人の聖地モニュメント。袋田の滝は恋愛のパワースポット

hukuroda8

hukuroda9

hukuroda10

hukuroda11

トンネルを進んでいくと、最初にあるのは、恋人の聖地モニュメント。
2016年6月の日付が入っていたので、ごく最近作られたものですね。

町の鳥であるオシドリをモチーフにした像が建っています。
ハートのような鳥のような、そんな形。

恋愛のパワースポットとの看板。大子町、袋田の滝としても、そのフレーズを推してる感じなのかしら?

恋愛に効くかはさておき、滝ってパワースポットというか、癒される効果とかはありそう。マイナスイオンとかいっぱい出てる気がします。

一番の見どころ!壮大な滝が広がる第一観瀑台。さて氷瀑は・・・?

 

hukuroda12

hukuroda13

hukuroda15

そして、そのまま先へいくと、袋田の滝が眺められるポイント「第一観瀑台」へ。

高さ120m、幅73mの大きさを誇る、大きな滝が広がります。

うーん、この時点では、8割凍結といったところですかね。完全凍結とはまだならない様子。
(静止画だと、流れているのか凍っているのかわかりづらいですが・・・)

 

 

滝から落ちるドーッという水の音、広がる滝の風景、とても迫力があり素敵です。

袋田の滝は、大岩壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれていて、その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したことからとも言われています。

冬の凍結した滝を見ることができるのは、今。
機会があったら、ぜひ足を運んでみてほしいです。

エレベータに乗って第二観瀑台へ。幸運のハートを見つけよう

hukuroda18

続いて、この先にはエレベータがあり、滝の上側から全景を展望することができる「第二観瀑台」へ登れます。
この第二観瀑台は、平成20年9月にオープンされたものなので、あとから建てられているんですね。
エレベータも昔ながらのトンネルの設備よりも、どこか新しめな印象。

平日の昼間なので、混むこともなく、乗ってすぐに展望所へ。
最前列っていうコーンが案内として立っているってことは、土日祝とかは、並んで待ったりするのかもしれないですね。

hukuroda19

エレベーター内部

第二観瀑台から見る滝は、下の第一観瀑台とはまた違った景色。

hukuroda20

ハートマーク発見!

看板にもあるように、滝の真ん中あたりに、岩のくぼみの様子から、自然に表れるハートマークがあります。
写真でもわかるかな?

これが「幸運のハート」恋愛のパワースポットってことみたい。

たしかに、ハートになってる!自然の力ってすごいなぁ。
いっぱい写真を撮ってきました。

恋愛のパワースポットってことですけど、平日の昼間だからか、大子だからか、年齢層高めなご老人たちがいっぱい見にいらしてました。

hukuroda24

ぶっちゃけ、子どもの頃って、滝を見てなにがおもしろいのかなぁと、思ってました。

でも、大人になると、滝の流れる風景、水の音、自然の力を感じて、しみじみ癒される、こういう時間がいいなぁと思えるから不思議だなぁ。

ぜひ、氷瀑を見に、癒し効果として、もしくは恋愛のパワースポットとして、袋田の滝に足を運んでみてください。

袋田の滝の詳細情報

〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19

お問い合わせ:大子町観光協会 TEL:0295-72-0285
袋田観瀑施設管理事務局 TEL:0295-72-4036

利用時間: 午前8時~午後6時(11月~4月は午前9時~午後5時)

大子町公式ホームページ

帰り道。2016年7月オープンの 道の駅「ひたちおおた」へ

oota4

袋田の滝を堪能し、癒されて、帰りは、道の駅ひたちおおたへ。
建設中は、前を通りかかり、気になってた場所。ここに寄るのは初めて。国道349号に面しています。

同じ茨城の道の駅といえば「常陸大宮~かわぷらざ」も2016年3月にオープンした新しい施設ですが、それに続いてのオープン。

常陸大宮の道の駅 かわぷらざについては、こちらもどうぞ。

かわプラザ
ゴールデンウィーク最終日、話題の道の駅"常陸大宮かわプラザ"に行ってきました。 かわプラザは、常陸大宮に28年3月に出来たばかりの道の駅です〜。 久慈川と里
2016-05-24 10:08

 

最近、道の駅もどんどん増えてますよね。
ひたちおおたも、新しい道の駅とあって、遊具もあって、休憩場所によさそうな感じ。

oota1

 

そばを食べて帰ってきました。常陸秋蕎麦、とてもおいしかった。

oota3

他には、地元の食材をつかったビュッフェ形式のレストランや、パン屋さんも、すごーくおいしそうでした。
地元の野菜もたくさん販売していて、もちろんばっちり野菜を買ってきました。

道の駅ですけど、コンビニが併設されているっていうのも、最近の施設ならではって感じ。
確かに、道の駅に、夜にトイレ休憩で立ち寄ったときなどは、

道の駅の施設のみだと、営業時間外だから、真っ暗だったりすることもありますよね。
買い物は飲み物を自販機で買うとかしかできず・・・など。
コンビニが併設されていれば、ちょっとした買い物も一緒にできて便利ですねー。

 

道の駅 黄門の郷 ひたちおおた

〒313-0044 茨城県常陸太田市下河合町1016番1
TEL:0294-85-6888

著者:ひと

生まれも育ちもずーっと茨城。水戸市住み。 2006年生まれの10歳の娘と2009年生まれの7歳息子の母です。 623さんとは、水戸を中心に活動するファミリーブラスバンドが縁でお友達になりました。ちなみに楽器は打楽器担当。 好きなこと 音楽。LIVE。漫画。読書。DIY。編み物。 カメラ:EOS KISS X5   iPhone6Plus よろしくお願いします

Twitterフォロー