2015/05/21

奥日立きららの里(日立市)

日立市にある奥日立きららの里に行ってきました。
日本一と言われるスライダーにも乗ってきましたよ〜。


スポンサードリンク


奥日立きららの里とは

日立市にある「自然体験型レクリエーション施設」です。

かなり山の上にあるので、アクセス方法としては車がベストだと思います。(日立駅からバスもあるようですが)水戸市内からは車で(一般道路で)1時間ほどでしたよ。

パパの実家(日立市駅周辺)に行く途中に時々通るのですが、もう5年ほどこの前を素通りしていたことになります。
そういえば、入ったことないな〜、と。

きららの里

道路から入るとすぐに料金所があります。料金を払い、資料をもらうと、係のおじさんが丁寧に説明してくれます。
車で園内をぐるっとまわれるとのこと。

きららの里と言えば「日本一のスライダー」だそうで(すみません、初めて知りました!!)、一番近い駐車場はP3ですよ、と教えていただきました。ざっとMapを見る限りP3までは見所も無さそうなので、P3へ直行。

日本一の長さを誇る、ワクワクスライダー

P3駐車場に到着。ワクワクスライダー乗り場へ。
ワクワクスライダーとは、全長1188m、ボブスレータイプの滑り台。

 

ボブスレーにはレバーがあって、前に倒すとスピードが出て、手前に引くとブレーキがかかる、という簡単な操作なので子供でも簡単に覚えられます。
スライダーに乗れるのは4歳から。小学校2年生までは無料で、大人と乗らなければなりません。小学校3年生からは1人で乗車OK。
娘は4歳、私と一緒に乗りました。怖がるかな〜と思ったのですが、意外と大丈夫。もっとスピード出してー、と楽しんでいました。私のほうが怖くてスピード出せなかった。。
きららの里はけっこう標高の高い位置にあるので、日立の山々を見渡すように滑るスライダーの気持ちの良かったこと!

スライダー:大人1回520円、子供1回320円。(たぶん!)

ふれあい牧場でポニーにエサやり

スライダーの後は、ふれあい牧場へ。
ヤギ、ひつじ、ポニーが柵の中で自由に遊んでいました。
人=エサをくれる、と学習しているようで、すぐに人に近づいてきます。柵の一本一本の感覚が広くて、「エサちょうだーい」と、思いっきり頭を外に出してくるので、小さいお子さんは気をつけてー(笑)

 

ポニー用のエサが100円で売っていたので、ポニーにあげてみました。
エサを買っているところから、ポニーさん達「早く早く!」な感じ。フガフガしておりました。

思いっきり遊びたいやまびこ広場

最後にやまびこ広場。アスレチックや大きなローラー滑り台がありました。

きららの里 アスレチック

かなり大きな遊具。でもこの空の色・・・

この空の色!そう、きららの里に入ってすぐからゴロゴロ〜と雷がなっていたのでした。
ちょうどこのやまびこ広場に入る頃、ぞろぞろと家族連れが何組も引き上げていくのを見たのですよねー。そろそろ来そうか?と思いながら、パパと娘は遊具、ママはローラー滑り台を1人で滑っていたら「きららの里のちょうど真上に雷がおります〜〜、」と園内放送が。

スライダー

ローラー滑り台。お尻が痛くなるので敷物は必須デスヨ!

あれ?iPhoneが無い!確かに持って車を降りたはず!
雨が降りそう!帰らねば!!と、焦って探してみるとローラー滑り台のちょうど真ん中に落ちておりました!やー、焦りました。
携帯電話をお尻に入れたまま滑らないように、気をつけて下さいねー。

というわけで、この後、急いで車に乗って10分後に、土砂降りになりました。間一髪セーフ!

きららの里 まとめ

オートキャンプ場もあり、たくさんのテントが設営されていました。バンガロー(ケビン)のような宿泊施設もありました。
自然を楽しみたい方にはおすすめ。とにかく自然がたくさんあります。

小学生以下は無料なのと、いばらきっずのカードやJAF会員証があると大人も安くなる(1人320円が260円に)ので、気軽に遊びに行きやすいですね。

でも、人の気配があまり感じられず(スライダーには係の方が数人いましたが)なんだか不安になります。どこもかしこも人がいないのです。花や芝の手入れも行き届いていないような気がして、無料でももっとキレイで手入れの行き届いた公園はたくさんありますから、うーん、残念〜という感じ。
3連休初日だと言うのに、お客さんもまばら、お客さんは正直ですよねー。

ロードトレイン(小学生以上1回100円)という園内を周遊しているバスがありました。園内も案内してくれるようなので、車を置いてロードトレインでまわるのもいいかも。

きららの里 Data

奥日立きららの里
茨城県日立市入四間町863-1
http://kiraranosato.sakura.ne.jp/