diary雑記
雑記

茨城に来て、私がフリーランスになった訳。

雑記

会社を辞めて、今年で3年目。
そもそもフリーランスになりたくてなった訳じゃありません。
じゃあなんで今フリーランスになったかって?

スポンサードリンク

会社が在宅勤務をさせてくれたけど、寂し過ぎた

仕事が面白い事をいい事に、ズルズルと結婚を先延ばしにした私。
相手が茨城県在住というのも先延ばしにした原因のひとつ。だって、結婚したら都内から絶対通えなくなるじゃない?

39歳になって、そろそろ子供が産めなくなるなあと年貢を納めたわけです。

子供が産まれるまでは、それでもなんとか通勤していました。毎日都内までってけっこうハード。
だから、子供が産まれたらやっぱり無理。

娘が2歳になろうとする時、会社に退職を願い出たところ、在宅勤務をさせてもらうことになったんです。会社側も初めての事例と言う事で色々考えてくれて実現。

ところが、いざ在宅勤務で自宅にいると目の前には掃除したい部屋があり、料理したくなるキッチンがあり、いじりたい庭があり。遊びたい娘がいる。
だんだんと時間が惜しくなってきてしまいました。

そして、打ち合わせしたい時にすぐに客先に出られないもどかしさ。
今ならSkypeでいいじゃん!と思うけど。今は個人対個人だからすぐ実現するわけで。会社が間に入るだけで敷居はグンと高くなる。

っと話がそれました。そんな話はまた別の機会で。

何より、1人で仕事をする事の孤独さ。
一番はやっぱり寂しかったんですよね〜。

結局、1年間在宅勤務をしましたが、12年勤めた会社を退職する事にしました。

転職出来ていたらフリーランスになんてならなかった

会社を辞めるにあたって、ダメもとで転職活動してみたんです。水戸で。
でもね、やっぱりダメでした。笑

  • 年齢的なこと
  • スキルの問題

当時42歳。普通雇いたくは無いでしょう?
私も前職では面接に立ち会う時、まず年齢見て会う前に外してました。
こればかりは仕方ありません。

10年以上Webに携わってきたので、仕事はある程度、いや、かなり自信はありました。
でも、残念ながら茨城では必要とされなかった。

私はずっとWebディレクターっていう仕事をしてきました。
Webサイトを作るのにとても重要な役まわりなんですけどね。ご存知無いというか必要無いと思われている事が多い。
「ホームページ」って、Webデザイナーが作るもの、ってのが一般的でしょう?
制作会社ではWebを作るのに何人もの人が動いていて、それを仕切ってるのがプロデューサーだったりディレクターだったりするんですけど。こちらではWebデザイナーがすべてを対応しているようでした。
デザインが出来ない私は「使えないただのおばさん」。
しかも、お給料が安い。。。

面接をしてくれたとある企業の社長さん。。。
「15万でやりたくないでしょう?だったら自分でやったほうがいいよ」

あ、う・・・。
転職はあきらめました。

で、なんでフリーランスかって言うと

同業種での転職はあきらめて、他の業種もちょっとだけ調べてみたんです。
まあ何でもいいかな、って。でもやっぱり年齢で引っかかる。
40過ぎたら、パート以外無いみたいでした。

私はまだまだガンガン働きたいのよう〜〜><

ああ、そうだそうだ。
1件だけ、採用してくれるっていう保険会社がありました。
いわゆる「保険のおばさん」ですよね。

でも悩みに悩んで、結局私はやっぱりWebがやりたいんだ!
ってことで、結局フリーランスを選ぶしか無いってことに。
フリーランスの友人が周りに何人かいてお尻を叩いてくれたのもあって。
まあこれ以外無いんだろうな。って。

フリーランスを選んで良かったと思えること

フリーランスって聞こえはカッコイイけど、収入は安定しないし下請けだし。
実は、あんまりいいところ無いんです。

でも、私がフリーランスになって良かったって思うのは、時間を自由に使える事。
あくまで、お客様ありきなので、仕事との調整はつけながらだけど、娘の保育参観も遠足も平日だけど誰に許可取る事無く行けちゃうし。
ちょっと仕事が立て込んで来たら早朝に起きて対応したり。
どこかに出勤することが無い分、時間がたっぷり使えます。
家の事もちゃんと出来るし。

家の事が出来ないのも、私にはストレスだったのですよね。。

家事もそうだけど、娘にたっぷり付き合えること。
って言いつつ、やっぱり仕事優先にはなっちゃうけど。
会社員だった時は、寝てる間に家を出て、寝てから帰宅。みたいな生活だったことを思えばあり得ないくらい時間がある。

とは言え、1人で仕事しているのは寂しい。
やっぱりどこかにお勤めしたかったかも。と思うことも。
フリーランスのデメリットもたくさんありますからね。
安易に選んじゃいけない、と強く思います。うん。これは間違い無い。

でも、フリーランス歴ももう3年目。
仲間も増えたし、会社員の不自由さとは比較にならないくらい自由で好き!

って事で、あとは安定しない収入がなんとかなれば、フリーランス最高!
なのです。

(そこが一番重要なんだけどね笑)

Category : 雑記
スポンサードリンク

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

623

結婚と同時に茨城県に住んで7年。6歳娘(1年生)の母。 カメラの練習を兼ねて県内のあちこちを楽しんでいます。 →詳しいプロフィールはこちら

コメント

  1. さつき より:

    うわー、私623さんといろいろお話したいかも~。
    私も、仕事について最近いろいろ考えてるんですよね。
    実はちょっとした趣味の副業とかもしちゃってるし(自分のブログには一切載せてないので秘密にしてくださいね)。
    ブログ読んでていろいろ共通点を感じました。
    食べ歩きもお好きなんですよね?!
    カメラもD5200をお使いだなんて♪
    今度カメラ片手に一緒にCafe巡りなんてしてみたいです(*^_^*)
    あ、娘さんとうちの長男も同い年ですもんね!

    • 623 より:

      さつきさん!またまたコメントありがとうございます〜。
      そうなんですね、仕事のことはいまだにモヤモヤしながらやってます。
      でも、今はとりあえず前進あるのみ!ですかね(笑)

      食べ歩きは、予算の許す限り(笑)行きたいですねえ〜。
      カメラは去年デビューしたばかりです。デビューの時期はたぶんさつきさんも同じくらい?なはずなのに、腕前が雲泥の差!!
      レンズも欲しいけど、なかなか…
      カメラ持ってカフェ巡り!いいですね〜。
      水戸近辺には素敵なカフェが沢山ありますから、是非行きたいですね!

      そう、娘はチビ介くんと同い年です^^
      ちなみに、さつきさんのブログに出会ったのは、市内で子連れで食事をするところを探してた時…だったかな。
      まだ娘が2歳か3歳くらいの頃です。水遊び場もさつきさんのブログを見て行きましたし、とにかくお世話になったんです!

      今度、是非カフェ巡りしましょうね♪

  2. 白澤 より:

    初めまして。白澤と申します。

    私も茨城県水戸市在住で、
    プログラマーをしております。

    今私も子供が2人おり、
    共働きのため在宅勤務できないかと探してるうちにたどり着きました。

    少し勇気づけられました。

    • 623 より:

      白澤さん、初めまして。コメントありがとうございます!
      こんなお近くに同業の方が。嬉しい限りです。

      在宅を許可してくれる会社も増えましたよね。
      私は社内では初めての在宅勤務で、当時まだ他社でも実例が少なくて
      色々クリアしなければならない課題も多くて大変だったことを覚えています。
      今は色々な働き方ができるようになりましたし、
      白澤さんのように技術をお持ちの方は特に、自分のスタイルを選べますよう〜!

      子供が小さいうちだけ、、と思いながら自分もどんどん歳をとっていっちゃうし、
      今も楽しみたい!、と毎日葛藤ですね。笑
      お互いに、がんばりましょうね!!

コメントを残す





ブログ一覧へ戻る