2015/09/29

保育園最後の運動会。張り切り過ぎて全身筋肉痛の高齢ママです。

今年もやってきました、高齢ママにはツラい運動会。
せいぜい30代想定よね、運動会の親子競技って。
でも、性格的についついがんばり過ぎてしまうのよね。。


スポンサードリンク


年長さん大活躍の運動会

今年は保育園最後の運動会。
本人も家族も、気合いの入れようが違います。

娘の保育園は和太鼓演奏が見物。年中年長の園児が、とても幼児とは思えない演奏をします。
娘がまだ演奏していない時期から、感動しまくりだったんですが、今回は年長さんと言う事で太鼓もメインで演奏する事に。
新曲もあるので、自宅でも毎日練習していました。(バケツを裏返して太鼓代わりw)

当日、いつもグダグダでなかなか起きない娘もスパッと起床。
夫は前日午前様だったにも関わらず5時半に起きて場所取りへ(5番目だったそうです)。

みんな、最後の運動会への熱の入れようが違いますね。笑

事故は親子競技で起きました。

聞いてないよ〜!の娘のソロもあったりした(短いけど)オープニングの和太鼓演奏も無事終わり、家族全員しょっぱなから涙涙。

そして、親子競技。
張り切り過ぎた45歳ママ。いや違った、46歳になったんだった!
一緒に走るのは、いかにも早そうなCちゃんのパパ、Nちゃんのパパ。それでなくても足の遅い45歳46歳ママでは無理なのか?

絶対勝つよ!と娘に言い聞かせ、勝つ為の作戦を伝授。
常日頃から「人生あきらめたら終わりだよ!最後まであきらめない!」と言っているので、娘も「あきらめたらダメだよね!」と。
わかってらっしゃる、我が娘。

いよいよ順番が!

よーーい、ドン!!
2人で大きなハッピを着てトラックを半周。そして途中で待っている先生に向かってハイポーズ(アルバム用の写真を撮ってくれます)。
ハッピを脱いで、ボールをお腹に挟んでカゴに入れたら、大きなカードが3種類。
それをひっくりかえすと、「抱っこ」「お姫様抱っこ」「おんぶ」のどれかが現れます。
選んだ形でゴールまで走り抜ける。というルール。

さ、順調にトップをキープしたものの、最後のカードで「抱っこ」を選んでしまった娘!

ヨイショ!
21kgの娘を担いでダッシュしようとした瞬間、足がもつれ…

その先は、ご想像の通り。

咄嗟に「娘の頭から落ちたらマズい!」と考え、思いっきり自分の身体をよじって受け身を取ったらしい私。
膝から落ち、その後全身を体育館の床に打ち付けました。娘は無事でしたがこの惨事にビックリして号泣。

会場からは悲鳴。

先生達が駆け寄ってきて、「大丈夫ですか!!!」

園長先生の実況が体育館に響きます。
「○○さんのおかあさん、大丈夫でしょうか!!」

は、はい、大丈夫です。
てか、恥ずかし〜〜〜!(;´Д`A

と、大惨事になりました。。とほほ。

その後は、静かに観客席で応援。目立たぬように静かに…
とは言ってられないくらい、年長さんは出番が多い。
きゃーきゃー言いながら応援して、最後の運動会を終えたのでした。

後日談

明けて月曜日、保育園に行くと先生方に心配されるわ、子ども達からも、

「ねー、○○ちゃんのママー、なんで転んだのー?」(あえて言うなら歳のせいでしょか…)
「痛かったー?」(痛かったよう、音聞いたでしょー)
「足どうなってるのー?」(見せられないぐらい痛々しい青アザが出来ているわん…)

と、質問攻め。

唯一、園長先生が
「盛り上げてくださってありがとうございました!と」
笑顔で言ってくれたのが救い?笑

高齢パパママへ。運動会では笑い者にならないようほどほどに…

運動会。ついつい、子どもの為と張り切っちゃいますよね。

親子競技では私がすごい勢いで素っ転びましたけど、リレーでもパパさん達が何人も転んでおりました。
翌日の身体の痛みはどうだったでしょうか。
お察しいたします。

40歳オーバーの高齢パパママさん、想像以上に身体は衰えております。
自分の身体をいたわりつつ、がんばり度を調整していきましょう。

ちなみにワタクシ、全身は筋肉痛、膝周りは1週間経った今でも真っ青でかなり強い痛みが残っています。
普段の生活に支障が出てしまいますから、来年はよくよく考えて頑張りたいと思います。

って来年は初の小学校運動会。
親子の競技があるのかどうかわかりませんが、あればがんばっちゃう。よね〜

これが私の性。。